東京マラソン2020感動しました♪増田明美さんの解説も笑えました。 – うれたの!!
   

東京マラソン2020感動しました♪増田明美さんの解説も笑えました。

昨日(2020.3.2)は、2020年の東京マラソン開催されました。
大迫選手には驚きと感動でした。
35キロ地点で脇腹を押さえられた時はどうなることやらと心配しましたが、それも痛くなる前の予防ということを後で知り、ホッとしました。

今回の東京マラソンは新型コロナの影響で一般選手参加なしの大会となりました。

しかし、新聞やニュースでご存じの通り、日本記録の更新やレース運び、厚底シューズなど見どころだらけの大会となりました。
とにかく、興奮しました。

もちろん、大迫選手や井上選手から目が離せませんでしたが、私は、もう一つの楽しみである解説を耳をダンボーのようにして聞いていました。

相変わらず、増田明美さんの解説が面白かったですね。
増田明美さんといえば、元日本女子マラソン選手だった方ですが、解説者になってからは、選手への事前の細かいインタビューの情報をマラソン解説時に話されるのです。そのお話が細かくて楽しいんです。

今回もマラソン終了後に増田明美さんの解説が細かすぎる解説ということでネットニュースになっていたくらいです。

細かすぎる解説

大迫選手の感動のゴール時には「阿修羅の顔」と表現したり、少しレースに遅れた時を「死んだふり」と表現したり・・・。

また、どちらの選手の説明だったか忘れてしまったのですが、会場入りの飛行機の中で象の折り紙を折ったというお話。

「象と言えば、動物の王という感じですからね。チャンピオンということですね」と凄いこじつけがありました。(笑)
思わず私は、「動物の王と言えば、ライオンじゃない?」って突っ込みたくなりましたけど(笑)

そして、今週・来週は、びわ湖マラソンと名古屋ウィメンズマラソンも開催予定です。
まだまだ、オリンピック選考及び増田明美さんの解説から目も耳も離せません(笑)

楽しみはまだまだ続きます。

Pocket
LINEで送る




ページトップへ戻る
ページトップへ戻る