暗算のコツ – うれたの!!
   

暗算のコツ

今回は暗算のコツを紹介していきます。最終的な目標は二けたの二乗が頭の中だけで計算できるようになることです。

 

足し算・掛け算の基本

まずは練習として、二けたの足し算や二けた×一けたの掛け算の方法について紹介します。

日本で二けたの足し算を習うときはひっ算から習います。したがって、計算するのは1の位からです。しかし、暗算をする際には10の位から計算するほうが圧倒的に楽です。少し例を出してみます。

42+26=62+6=68

59+88=139+8=147

やってみればわかるようにこの方法でやると覚えておかなければいけない数字が減ります。わかりやすいように上の問題を通常のひっ算の順に計算してみます。

59+88=50+80+17=147

このように、10の位から計算することで、暗記する数字の量が減り、スムーズに暗算ができるようになります。

掛け算の場合も同様に10の位から計算するほうが早く済みます。

25×8=160+40=200

59×7=350+63=413

 

二乗の計算

上の足し算と掛け算の方法に慣れて、すべて頭の中だけで計算できるようになると、最終的には二けたの二乗が暗算できるようになります。いくつか例を挙げます。

23×23=26×20+3×3

41×41=42×40+1=1681

 

同様の手順で三桁の二乗も計算できます。ぜひ試してみてください。

 

 

Pocket
LINEで送る




ページトップへ戻る
ページトップへ戻る